お客様の感想をご紹介します!

*木村吉貴様 (「私の韓流メモリアルコンテスト」横浜韓国領事館主催 受賞記念誌として制作)

 コロナ禍で訪韓も叶わず、もどかしい気持ちで毎日を過ごしておりましたが、大好きな韓国をテーマに世界で一つだけの私だけの本が私の手元に届いたかと思うと一生、形として手元に残りますし、手にした時は韓国と関わり続けて良かったと心から思えました。

 素直にとても嬉しかったです。韓国との繋がりが報われたような気がします。

 以前から、韓国には一種の「憧れ」がありました。それは完成度の高さだったり、お洒落だったりと私も一度は関わりたいと思っていましたが、その夢が叶ったような感じがします。

 このメモリアルブックは、かなり本格的で完成度の高さにも満足です。形に残る物として、韓国と繋がりを実感できる最高の記念品です!

 韓国が好きな方に渡すのも韓国が好きな方が渡されるのも両方が幸せになれる物だと思います。


*鈴木恵子様 (「私の韓流メモリアルコンテスト」横浜韓国領事館主催 受賞記念誌として制作)

 記念誌が届いて、手に取った時、「やっと来た~」というのが一番、次に「とうとう出来たんだ」という湧き上がる感情、して、一刻も早く読みたいといういてもたってもいられない気持ちが波のように押し寄せました。待ちに待っていたものがとうとうやってきたというような、プレゼントを開けるときのようなわくわく感…うまく表現できません。

 

 プロのライターさんに取材されるのは初めての経験で、まるでスターになったみたいなドキドキ感がありました。ぼおっとして勝手なことを好き勝手に話したのに、まるで手品のようにうまく文章にして下さって、とてもびっくりしました。

 撮影会ではプロのカメラマンさんに撮っていただきました。自然に笑みが出てしまうように、上手に話しかけながら撮影してくださったので、いつものスナップ写真とは、一味も二味も違う出来栄えだったと思います。映画俳優やタレントの方がきれいな写真が多いのは、専属のカメラマンを従えてるからかなと思ったりもしました。

 

 「冬のソナタ」というドラマを観たことがきっかけで韓流ドラマにはまり、ロケ地を巡るようになり、思い出も増えて行き、いつか、韓流自分史みたいなものをまとめたいなとは思っていました。それで、何度となく韓国へ行き、たくさん撮った写真などを写真帳にまとめたりはしましたが、自己流で自分よがりなものになっていました。

 

 そんな時、「韓流メモリアルコンテスト」を通して、韓流メモリアルブックという存在を知りました。「へえ~、こんなことをしてくれるところがあるんだ~」と驚きました。正に、痒い所に手が届くような企画だと思いました。今回は、優秀賞の副賞として作っていただきましたが、本当にありがたいと思いました。

 大事な記念として大事にしたいと思いました


ぼんぼりまま様 (「私の韓流メモリアルコンテスト」横浜韓国領事館主催 受賞記念誌として制作)

 実際に出来上がった記念誌が手元に届いた時、受賞出来たこと、記念誌を作っていただけたこと、それが形になって手に取ることができて嬉しい!と、感無量でした。

 編集スタッフさんに導かれ、インタビューや写真の提供、撮影をしていくうちに恥ずかしさを通り越して、天にも昇る気分でした(笑)。一生に一度の記念になりました。

 韓流メモリアルブックと聞いて、初めはどんなものか全く分からず…。旅行などのパンフレットが冊子になった…くらいかな?と思っていました。写真を撮って頂いて恥ずかしくもありましたが、家族の反応も良かったので、今では友人に見せまくりです。来月はその記念誌を肴に、韓国好きの友人達と食事会です。(コロナ感染拡大に気を付けながら…)

 また一つ、韓国を! 生きる事を! 楽しむ方法を見つけた感じです。


H.Y様~56回の韓国旅行の記録として【ZOOM取材で制作】

■渡韓回数 56回

■韓流歴 17年(制作時点)

■人生の転機となった作品(冬のソナタ)

50回の韓国旅行の想い出をまとめたメモリアルブックをオーダーしていただきました。作ろうと思った理由を教えてください。

 私は2004年から韓国旅行に毎年のように行っていて、これまでに50回ほどの渡韓歴になります。以前から、自分が訪れた場所を韓国地図に丸やメモをつけていたのですが、だんだんと情報の整理が追いつかなくなっていました。

 忘れないうちに、きちんとまとめておきたい、と前々から思っていたときに、オーダーメイドで作ってくれるこのメモリアルブックサービスを知りました。

 

 最初は、「ただ聞くだけ」のつもりで説明会に参加したのですが、見本誌なども見せてもらって、心が揺れました。その後、コロナ禍になってしまったため、再度、オンラインで相談に乗っていただきました。編集チームの方から、どのようなものを作りたいか、どんな想い出があるのか、いろいろと質問をしていただいているうちに、自分の引き出しがどんどん開いていくのを感じて・・・。

 そして、自分にはこんなにもたくさん想い出があったんだ! ということに気づきました。

 

「これは迷っている場合じゃない、作らなくちゃ!」と、その場で即決させていいただきました。

コロナ禍での制作となりましたが、ZOOMを使っての取材は、いかがでしたか?

 直接会って、お話できればもちろん良いのですが、コロナ禍でそれができる状況ではありませんでした。そこで何度か、ZOOMを使ってインタビューをしていただきました。仕事をしている自分にとっては、夜や週末など、時間を有効に使えた点がよかったです。

 

 大変だったのは、写真を選ぶことでした。旅の写真は、本当に本当にたくさんあって、何をどうしたらいいのか状態でした(笑)。でもそのほとんどが、スマホやパソコンに入っていたので、編集者さんとLINEアルバムで共有していきました。「このページにはこれを使いましょう」といった感じで一緒に選んでいきました。これがひとりでやっていたら、途方に暮れていたでしょうね(笑)。

 何よりもよかったのは、写真を見ながら話していると、みんなで韓国にいるような気分を味わえ、まるでお友達と話しているように盛り上がって、楽しかったです。

出来上がった誌面を見て、いかがでしたか?

 今回、わたしがオーダーメイドしたページは、韓国の全土地図に、自分が訪れた場所に印をつける、というものでした。今まで自分が手書きで印を入れた地図をもとに、データ化していただきました。

 出来上がったものを見た瞬間、大興奮でした。こんなにも韓国を旅していたんだ!と。一目でわかる、私だけの地図ができあがりました。

 

 それ以外にも、いままで食べたグルメや、もう一度行ってみたい場所をランキング表にしたり、大好きなアーティストやドラマについて、特集したページなどもあり、私の韓流人生がまるごと詰まった1冊になりました。旅仲間のお友達に見せたら、自分のことのように喜んでくれたので、より一層、うれしかったです。大切なお友達にも、このメモリアルブックをプレゼントするつもりです。

 

 2004年からの韓国旅と韓流生活がこの1冊にまとまって、大満足しています。これからも韓国旅は続けていきたいと思いますので、10年後にまた旅の記録をまとめてみたいですね!

 


うなぎY様~大好きなスターの応援活動を総まとめ

■チャン・グンソクさんのファン

■韓流歴10年 (制作時点)

■人生の転機となった 『美男〈イケメン〉ですね』

チャン・グンソクさんの応援活動をまとめたメモリアルブックを作ろうと思ったきっかけを教えてください。

  私がグンソクさんのファンになって、ちょうど10年が経ったこと。そして20205月にグンちゃんの代替服務が終わるということもあって、これまでグンちゃんを追っかけてきた記録をまとめてみたいと思いました。実は以前から、まとめたいという思いがあったのですが、自分は面倒くさがり屋だし、専門的な知識もないので、頭の中で考えているだけだったんです。そんなときにこのメモリアルブック企画「韓流自分史」の存在を知って、ぜひお願いしてみたいと思いました。

 

インタビューされているときは、どんなお気持ちでしたか?

  とても良い雰囲気の中で気楽に話すことができました。スタッフの方が全員、女性だったので、人見知りの私でも「韓流女子会」みたいで楽しかったです。みなさんが韓流メディアで活躍されているプロなので、私がどんな話をしてもわかってくれるし、何よりもグンちゃんのことを思いっきり話すことができました(笑)。また、プロのカメラマンの方に撮影していただいたので、写真の仕上がりにも大満足です。

 

作って良かったと思ったページを教えてください。

 できあがった本を初めて手に取ったとき「自分の思いが1冊の本になったんだ!」と感激しました。表紙も私好みのパールのような光沢で、とってもキレイです。

 

 お気に入りは、私が参加したイベントをまとめた年表データのページ。これを見れば、いつ、どこに行ったのか一目瞭然で、自然に思い出がよみがえります。私の想いをインタビューしてくださったページも気に入っています。私は口下手なので、うまく言えなかった気持ちをこんなにふうに言葉にしていただけて感動しました。やはりプロのライターの方に書いてもらうと完成度が違うなと思いました。

 

 また、今まで押し入れの中に積まれていたグッズや、バラバラに保管していたコンサートのチケットなどが、本を作ることで整理するきっかけになりました。「いついつまでに資料をください」と、編集長さんから具体的にスケジュールの指示を受けたりと、締め切りがあることも後押しになりました。おかげでグッズがすっきり整理できました(笑)。

 

韓流自分史を、どんな人にオススメしたいですか?

  大好きなスターを応援してきた自分の活動の記録をまとめたい方、とにかく韓流が大好きな方に、ぜひオススメしたいです。私は、この本を作って本当に良かったと思います。今まで生きてきた中で、私の人生を変えた大切な10年間が残せたし、今はまだ恥ずかしくて見せられませんが、いずれ主人や子ども、そして孫たちにこの本を見せて、「この10年間、ママはただの追っかけをしていただけじゃないんだよ。グンちゃんを好きになったことで世界が広がったんだよ」と伝えられる一冊になったから。

 10年経ったら、また新しい活動の記録をまとめてみたいですね。その時は、ぜひPart2をお願いします。


佐々木 静代様

■ご職業 出版社クオン、ブックカフェ「チェッコリ」宣伝広報 担当
■韓流歴 15年(2019年現在) 
■人生の転機となった作品 『美しき日々』

完成版を手に取られたときの感想を教えてください。

自分の「韓流ストーリー」がこうして1冊に形にまとまっているのは 照れくさくもありましたが、感動でした。

インタビューには、とても長いお時間をいただき、ありがとうございました。いろいろとお話をされてみて、楽しかったこと、よかったと思ったことがあれば教えてください。

お話をしているうちに漠然と「好き」だと思っていたことが頭の中で明確になったり、振り返るなかでは、案外飛び出してこないエピソードもあったりで、自分のなかの思い出の強弱もよくわかりました。人生初の振り返りですから、思い出すだけでも大変なので、事前に好きなドラマのランキングなどを質問いただき、回答していたのは役に立ちました。

「インタビュー」「年表」「ベストドラマ10」 「Dramaなび(韓流追っかけ日記)」「想い出アルバム」など、さまざまなコーナーがありますが、印象的だったコーナーがあれば教えてください。

思いつくままに話したことを、とても上手くまとめてくださったインタビューはもちろん嬉しかったです。思っていた以上に印象に残ったのは「Dramaなび」ですね。韓流雑誌のライターのみなさんだからこそ、作っていただけたコーナーですし、「にわかヒロイン気分」を味わえましたので。

この”韓流自分史”を、周りの方にオススメするとしたら、どんな方にオススメしたいですか?

私はミーハーで次々に思いを寄せるスターが変わっていますが、ずっとひとりのスターを追い続けていらっしゃるファンの方々は、その年月をひとつにまとめていただけるのは、かけがえのない思い出の品が作れるのではないでしょうか。ぜひ、そんな方の「韓流ストーリー」を私も見せていただきたいです。


柳生 啓介様

■ご職業 俳優(劇団前進座)

■韓流歴 16年(2019年現在)

■人生の転機になった作品 映画『JSA』、『ホジュン~宮廷医官への道』

韓流で自分史を作ろうと思った理由を教えてください。 

 ちょうど俳優になって30年、また韓流ファンになって15年という節目がありました。自分の生活や仕事も変化したことがあり、何のために、誰のために芝居をするのかということを考えるようになった時期です。昔は、とにかく芝居がしたい、有名になりたいと考えていましたが、韓流に出会ってから、社会的役割や、自分が芝居をすることで人の役に立ちたいということを考えるようになりました。そんな自分の心の支えになってくれたのが韓国ドラマです。自分のこれまでの人生に韓流がどんな役割を果たしてくれたのか、振り返ってみるのも悪くないな、と思ったからです。

 自分自身の俳優としての生き方を、韓流というものさしで測ってみよう。そんな思いから、作ることを決めました。

インタビューされているあいだは、どんなお気持ちでしたか?

 頭で考えたりしていても、口に出したり、文章にしたりすることはなかったので、質問してくださる中なかで「あー、このドラマ見たな」とか「このタイミングで韓国に行って、韓国の人に助けてもらったんだった」などと当時を思い出し、頭の整理にもなって、日常生活の中であらためて韓流が大きな位置を占めていたということを再認識しました。

韓流のプロフェッショナルの方に話をじっくりと聞いていただくことで、打てば響くというか、ドラマのタイトルも、俳優の名前もストーリーも、ぱっと出てきて助かりました。話しているうちに、さらに記憶が蘇ってきて、そこからまた話が盛り上がり、とても楽しい時間でした。

できあがってみた感想はいかがですか?

 インタビューに答えただけで、こんなに立派な本になると思わなかったので嬉しかったです。韓流と歩んだ日々だけでなく、自分が生まれてから今日までの記録にしっかりとなっていたのがまたよかったです。年表も丁寧に緻密に作っていただいて、とても感動しました。せっかくこれだけのものを作っていただけたので、これまで自分を支えてくれた方々にも差し上げようと思い、増刷をお願いしました。

誌面の一部を公開します!(柳生啓介様)